薬局開設者と薬局管理者の違いは?

★2020年登録販売者試験 直前対策★

第3章攻略講座と生薬・漢方攻略の2種類で今年も募集しております!

今年は「YouTubeライブ講座」で全国どこからでもアクセスOK♪

教材費は無料です。ぜひ一緒に勉強しましょう!

詳細は以下の画像をクリックしてください(東京マキアのHPに飛びます)。

 

 

 

薬局管理者の要件についての問題は、登録販売者試験の第四章でよく出てきます。

過去問を見ているとよくあるひっかけ問題が、「薬局開設者」「薬局管理者」をおり交ぜた問題です。これらの区別が分からないという質問がよくありますので、解説していきます。

まずは、「開設」と「管理」の言葉の意味を辞書で確認してみましょう。

開設:新しい施設や設備などをこしらえること。また、新たにその運用を開始すること。

管理:①ある規準などから外れないよう、全体を統制すること。②事が円滑に運ぶよう、事務を処理し、設備などを保存維持していくこと。 ③法律上、財産や施設などの現状を維持し、また、その目的にそった範囲内で利用・改良などをはかること。

出典:goo辞書 https://dictionary.goo.ne.jp

カンタンに言ってしまえば、

薬局開設者:薬局を新たに始める者

薬局管理者:薬局を実際に運営する者

ということになります。

更に、ここで合わせて大事なことは、

薬局開設者:薬局を新たに始める者 → 薬剤師でなくてもOK

薬局管理者:薬局を実際に運営する者 → 薬剤師以外はNG

ということです。考えてみれば当たり前です。起業は誰がやってもOKですが、実際にその薬局を毎日運営していく人は、薬の一番のプロフェッショナルである薬剤師がベストですよね。

ということで、薬局開設者と薬局管理者の違いでした。問題でひっかからないようにしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加