Q.第三章、どこから手をつけていいか分かりません。

現在2018年5月19日ですので、東京の試験まではあと約4か月あります。大丈夫です、間に合いますよ。

結論から申し上げますと、第三章は、小さく細分化して進めていくことをおすすめします。

今の心境としては、きっと広大な森の入り口から、暗い森を見ているような気分がしているのではないでしょうか?だとすれば、森を森としてみるのではなく、木の一本一本を見てほしいなと思います。自分が何がわからないのか、そして何が理解できているのか、分かるようになることが第一歩です。

ではどうすれば良いのか?

まずは「枝葉の法則」。全体感をつかみ、それから細かい部分に入っていきましょう。カテゴリーごとに全体感を把握したと思ったら、迷いなく過去問を解いてみてください。過去問を解くときは、とにかく解いた問題の何が間違っていたか、きちんとひとつひとつを理論立てて理解していってください。

過去問を解くときは、7月までは「量」ではなく、「質」を重視してください。自分が本当の意味で理解しているのか、または理解していないのかを、客観的に見るようにしてください。一見時間がかかるように思えますが、質の良い木を集めればよく燃える木になります。

また、最初のうちは、第三章の過去問を解く際に精神的にきついなと感じる場合、全部解こうと思わずに、一日10問ずつなど、少し範囲を小さくして解くようにしてください。その際、やはり質を重視してください。40問一気にやろうと思うとつらいですので…。

それと並行して、弊社からお渡しした資料を隙あらば眺めて、どんどん覚えていくようにしてください。私が薬剤師国家資格を受けた時は、ありがちですが、トイレや机など、いたるところに暗記しなくてはならない事柄を書いた紙を貼っておきました。薬の名前や漢方、生薬はこれで乗り切りました。

また、電車乗車中や何かを待っている時間にも、資料を眺めます。お店で働いているときも、スキマ時間に医薬品のパッケージをチェックしてみましょう。試験勉強を日常生活に溶け込ませる方法は、とてもお勧めです。

生薬については、生薬名を見たら反射的に漢字を思い浮かべ、その効能が思い浮かぶところまで覚えましょう。漢方については、まずはその漢方に固有の症状のキーワードを暗記し、戦闘力を一気に高めてください。また、生薬の効能が頭に入っていれば、漢方を理解する上でとても良いヒントになりますので、それを実感していただきたいなと思います。

あくまで漢方は生薬の集合体ですので、それを忘れないでください。

幸運を祈っております。

(村松早織)

登録販売者試験のためのお役立ち資料集

成分一覧表、生薬一覧表、漢方一覧表など、役立つ資料を無料・有料にて提供しています。

以下の画像クリックで当サイト内のリンク先に飛びます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加