外国人によく聞かれる胃腸薬ランキング

欧米のお客様に胃腸症状を訴えられる場合に、upset stomach と言われることがありますが、それについてはこちらをご覧ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

世界ではすでにプロトンポンプ阻害剤(PPI)という、胃の壁細胞のプロトンポンプに作用することで胃酸の分泌を抑制する薬が市販されています。PPIはH2ブロッカーよりも強く作用する薬で、欧米の方を中心にドラッグストアでよく尋ねられる薬ですが、日本では市販されていません。ここではそれ以外の薬でランキングにしました。

ランキング

※個人の経験で選びました。

第1位 Tums
タムズ

第2位  Pepto Bismol  
ペプトビスモー
第3位  Alka Seltzer
アルカセルツァー

第4位  Zantac / Pepcid
ザンタック / ペプシド

各解説

Tums タムズ

制酸剤で、主成分は Calcium Carbonate (炭酸カルシウム)です。 発音は、キャルシアム カーバネイト。一番一般的な剤型はチュアブルなので、太田胃散チュアブルNEOなどがオススメしやすいです。

Pepto Bismol   ペプトビズモー

成分は、bismuth subsalicylate 次サリチル酸ビスマスです。効能効果は胃腸症状全般~下痢まで網羅しているので、お客様の症状が下痢ならビスマス製剤、胃の症状ならそれに適する胃薬を選びます。

Alka Seltzer アルカセルツァー

頭痛薬入りの制酸剤で、成分はクエン酸、重炭酸ナトリウム、アスピリン。 いわゆる二日酔いのための薬です。 胸焼けと頭痛の二つの症状が適応になっている薬は日本には存在しません。 胃の症状と頭痛の症状とどちらが強いかを聞いて、それぞれに合った薬を選んでください。

Zantac  ザンタック/Pepcid ペプシド

ザンタックの主成分はranitidine (ラニチジン) 発音は、ラナイティディン。ペプシドの主成分はfamotidine(ファモチジン)発音は、ファモーティディン。 いずれもH2ブロッカーなので、薬剤師のいるお店であれば、該当のお薬をご案内してください。

登録販売者試験のためのお役立ち資料集

成分一覧表、生薬一覧表、漢方一覧表など、役立つ資料を無料・有料にて提供しています。

以下の画像クリックで当サイト内のリンク先に飛びます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加