Q.胃薬の覚え方を教えて下さい。

★2020年登録販売者試験 直前対策★

第3章攻略講座と生薬・漢方攻略の2種類で今年も募集しております!

今年は「ZOOMライブ講座」で全国どこからでもアクセスOK♪

ぜひ一緒に勉強しましょう!

詳細は以下の画像をクリックしてください(東京マキアのHPに飛びます)。

 

 

 

今回は登録販売者試験の第三章、胃薬のカテゴリーについてのご質問です。

胃薬は、登録販売者試験受験者も、登録販売者も苦手な方が多いところになります。成分が非常に多いこと、そしていくつもの成分が配合されている製品が多いことが挙げられます。

でもコツをつかめば覚えるのは簡単ですので、説明していきます。

制酸剤、消化酵素、健胃薬

まずは、①制酸剤、②消化酵素、③健胃薬、この3つを押さえましょう。多くの胃薬は、この3つのカテゴリーの成分の使いまわしになります。名前の特徴を書いていきます。

 
制酸剤:金属名が入る
●合成ヒドロタルサイト:ハイドロタルク石と呼ばれる、アルミニウムとマグネシウムの化合物 
●メタケイ酸アルミン酸マグネシウム:名前の通りアルミニウムとマグネシウムの化合物
●酸化マグネシウム 等
 
 
消化酵素:~ゼ、~ザイム、~コールという言葉が入る。

●ジアスターゼ

●タカジアスターゼ

●ビオジアスターゼ

●リパーゼ

●プロザイム

●ウルソデキシコール酸

健胃薬

生薬の名前
●苦味健胃薬:オウバク、オウレン、センブリ、ゲンチアナ
●芳香性健胃薬:ケイヒ、ショウキョウ、チョウジ、ソウジュツ、ウイキョウ、コウボク

これらの成分は、見分けること自体は難しくありません。これを覚えたら、その他の成分を押さえていきましょう。

胃粘膜保護・修復剤

恐らく胃粘膜保護・修復剤が一番厄介だと思います。名前に統一性がないからです。しかし、抗炎症薬が胃粘膜保護剤として使われる例が多いので、見ていきましょう。

アズレンスルホン酸ナトリウム

アズレンはのどの炎症などにも使われる抗炎症成分です。

元々はカモミールから抽出された精油成分です。

アルジオキサ

アラントインと水酸化アルミニウムの複合体。アラントインは、組織修復作用と抗炎症作用があります。胃の中でアラントインは組織修復を、アルミニウムは胃酸中和をします。

アルジオキサのネーミングは「アラントイン」と「ジヒドロキシ」アルミニウムの略だと推測されます。 アラントインもアルミニウムもALで始まりますので、アルジオキサの「アル」とひっかけて覚えてしまいましょう。

セトラキサート塩酸塩

セトラキサートは代謝されるとトラネキサム酸になります。トラネキサム酸は止血と粘膜の抗炎症作用があります。血栓のある人は注意。

セトラキサートの「トラ」はトラネキサム酸の「トラ」と覚えましょう。

また、 ~アートの語尾を持つ成分は、胃粘膜保護・修復成分であると覚えておくと良いかもしれません。~アートで終わるものは、他に、スクラルファートやゲファルナートなどがあります。

アルミニウム含有製剤に注意

アルミニウム製剤は、透析をしている人には使えませんので、アルミニウムの入った成分は必ず押さえておきましょう。「アルミ」と文字の入った成分は覚えやすいですが、合成ヒドロタルサイトとスクラルファートは「アルミ」という言葉が入っていないので、まること覚えましょう。

アルミニウム含有製剤

制酸剤
●合成ヒドロタルサイト
●乾燥水酸化アルミニウムゲル
●ジヒドロキシアルミニウムモノアセテート
●メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

胃粘膜保護剤
●アルジオキサ
●スクラルファート

その他の成分

ここまで来たら、あともう少しです。 ブチルスコポラミンやピレンゼピンなどの抗コリン薬や、局所麻酔薬の アミノ安息香酸エチルオキセサゼインなど、こまごましたものを覚えていきましょう。

(薬剤師:村松早織)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加