消毒薬・傷薬・抗生物質

英語だと非常に分かりにくい、消毒薬、傷薬、抗生物質の違いについて書きます。

disinfectants ディスインフェクタンツ

disinfectantsは直訳すると「消毒剤」ですが、主に生体以外のものを消毒するためのモノを総称します。 例えば、医療器具や床の消毒をする時に使うものはdisinfectantsとなります。

antiseptics アンタ(ティ)セプティクス

殺菌作用のある塗り薬を総称しますが、一般の方の認識だと抗菌作用のあるものに使われる場合もありますので、柔軟に対応するようにしてください。 オロナインなどの傷薬はantiseptic creamになります。 主に殺菌作用を示すものに使うので、「今ある菌を減らす」イメージです。また、制汗剤・デオドラントにもこの言葉を使う時があります。脇の匂いの元=雑菌の繁殖という図式があるので、塗るタイプのデオドラントに対してantisepticという言葉を使うのは自然ですね。

hand sanitizers ハンドサニタイザーズ

これはそのまま手指消毒薬のことを指します。

antibiotics アンタ(ティ)バイオティクス

これは主に内服のタイプの抗生物質を指します。 抗生物質は、今ある菌を減らすことはできませんが、細菌の増殖を防ぐことができます。   なので、anticepticsとantibioticsの大きな違いは、少し乱暴ですが、英語にすると、

Antiseptics kill bacteria. アンティセプティックは殺菌します。

Antibiotics reduce of bacterial growth. 抗生物質は細菌の増殖を抑えます。

となります。OTC医薬品には、抗生物質の塗り薬もありますので、少しややこしいですが、塗るタイプの傷薬にantisepticsという言葉を使う傾向があります。

登録販売者試験のためのお役立ち資料集

成分一覧表、生薬一覧表、漢方一覧表など、役立つ資料を無料・有料にて提供しています。

以下の画像クリックで当サイト内のリンク先に飛びます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加