緊急避妊用ピル

★2020年登録販売者試験 直前対策★

第3章攻略講座と生薬・漢方攻略の2種類で今年も募集しております!

今年は「YouTubeライブ講座」で全国どこからでもアクセスOK♪

教材費は無料です。ぜひ一緒に勉強しましょう!

詳細は以下の画像をクリックしてください(東京マキアのHPに飛びます)。

 

 

 

緊急避妊用ピルのことは、以下のように言います。

emergency contraception エマージェンシーコントラセプション

morning after pill モーニングアフターピル

 

アフターピルは経口避妊薬で、女性にとっては困った時の救世主です。緊急避妊用ピルは、「高容量ピル」とも呼ばれ、避妊に失敗した、あるいはレイプ被害にあったなどの理由で、不安のある性交渉からおおよそ72時間以内に薬を飲むことで、妊娠を防ぐものです。

日本ではこの薬が欲しい場合、医者、特に産婦人科にかかる必要があります。しかし、海外の一部の国では緊急避妊用ピルが通常の薬局で手に入り、医者にかかる必要はありません。制限があったり書類を書いたりはしますが、比較的簡単に手に入ります。

こういった各国の事情の違いにより、外国人女性が困った様子で来店される場合があります。ですが、日本では一度病院またはクリニックに行く必要があります。ナーバスになってパニック気味の方もいらっしゃるので、近くのクリニックを教えてあげるとより良いです。小さいクリニックだと扱っていないところもあるので、婦人科系のあるクリニックをおすすめしてください。以下の表現になります。

You would need to go to a woman’s clinic.

婦人科クリニックに行く必要があります。

ちなみに、pregnant(プレグナント)は、「妊娠した」、pregnancy(プレグナンスィー)は「妊娠」という意味です。薬に携わる仕事をしていると、このような妊娠関連のことを表す言葉はたくさん出てきます。覚えておくようにしましょう。ちなみに妊娠検査薬のことはpregnancy testと言います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加