Pepto-Bismol/ペプト・ビズモゥ

★2020年登録販売者試験 直前対策★
第3章攻略講座と生薬・漢方攻略の2種類でお届け!
ZOOM生講義は終了しましたが、録画講義を販売中です!
教材費は無料です。ぜひ一緒に勉強しましょう!
詳細は以下の画像をクリックしてください(東京マキアのHPに飛びます)。

 

 

 

 

Pepto-Bismol ペプトビズモゥはアメリカのお薬で、大変有名です。知らない方はぜひ一度メーカーHP(P&G)にアクセスしてみてください。きっとあなたの想像をはるかに超えたファンキーな薬が出てくるはずです。

HPもピンク色ですが、薬もどぎついピンク色です。HPのトップページには、Nausea, Heartburn, Indigestion, Upset Stomach and Diarrhea don’t stand a chance against Pepto.(吐き気も胸焼けも胃部不快感も下も、ペプトには勝てまい!)と強気のひとことが書いてあります。

つまり、効能効果に思いつく限りの胃腸症状が詰め込まれていますね。

成分

成分は、bismuth subsalicylate 次サリチル酸ビスマスです。日本消化器学会HPでも、海外に行った時の旅行者下の予防に、ペプトビスモルを補助的に使用することを推奨しています。※副作用の恐れから長期連用は避けるようにとも書いてあります。

日本での代替品

次サリチル酸ビスマスは日本では未承認の成分ですが、代わりに、次硝酸ビスマスなど別のビスマス製剤であれば市販薬でも存在します。例えばテスミンエースなどです。ただし日本の市販薬では、これらのビスマス製剤は副作用の観点からあまり一般的ではなく(種類がかなり少なく)、更に、効能効果に「下痢」は書いてありますが、ペプトビスモルとは違い、胃症状に関しては記載がないことに注意してください。

日本の市販薬の多くは、胃薬は胃薬、下止めは下止め、と基本的に効能効果が分かれています。たまに、第一三共胃腸薬プラスのように軽い下にも効く(乳酸菌配合で、適応に整腸・軟便と記載あり)と書いてあるのもありますが、そういった商品はかなり少ないです。

そういうときは、どの症状が一番強いのか、また、下の原因やその度合いを聞きだして、適切に対応することが大事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加