鼻づまり改善薬

鼻づまりの症状を訴えられる際に、sinusという言葉をよく聞きますが、sinusはダイレクトに鼻詰まりを指す言葉ではありません。sinusについてはこちらの記事に詳しく書いてあるので、知りたい方はそちらを覧ください。ここではそれ以外の鼻詰まりに関する言葉をご紹介します。

nasal congestion ネイゾゥ コンジェスチョン

congestionという言葉には元々、「詰まる」という意味があります。渋滞などで車が詰まった状態を、traffic congestion 「交通渋滞」というふうにも使います。ドラッグストアで、

“Do you have any medication for nasal congestion?”

と言われた場合は、鼻詰まりという意味になります。この言葉は他の部位にも使います。例えば、chest congestionなら胸詰まり、すなわち痰が詰まった状態です。この場合は去痰薬(expectorants)を勧めます。ear congestionなら耳詰まりです。中耳炎や気圧の変化など、なんらかの原因で耳が詰まった状態です。

また、congestionの頭にdeを付けてdecongestion ディコンジェスチョンとすると、うっ血除去の意味になります。更に語尾を少し変化させて、decongestants ディコンジェスタンツとすると、鼻詰まり改善薬を指す言葉となります。”Do you have any decongestants?”と言われたら、鼻づまり改善薬をおすすめしてください。

ちなみに、ナザールスプレーは日本語にもなっていますが、nasal(「鼻の」という意味)は、英語の発音だとネイゾウになります。ナザールはドイツ語読みです。

stuffy nose スタッフィーノーズ

元々、stuffという言葉には「(漠然と)物」という意味や「詰める」という意味があります。それを形容詞stuffyに変えると、風通しが悪い息が詰まる、などの意味になります。

“I have a stuffy nose.”

“My nose is stuffed.”

などと使います。

blocked nose ブロックトゥ ノーズ

「ブロックする」という言葉は、日本語でもよく使われますね。

“I have a blocked nose.”

“My nose has been blocked all year.” 年中鼻が詰まっています。

鼻詰まり改善薬

上記いずれかの表現で訴えがあった場合、まずは、血管収縮剤のナファゾリンテトラヒドロゾリンが配合された点鼻薬の短期間使用を考えます。

そして、内服薬が良いということであれば、血管収縮剤のプソイドエフェドリンフェニレフリンのお薬を勧めます。欧米にもスーダフェ(Sudafed)というプソイドエフェドリン配合の有名なお薬があるので、特にアメリカ人のお客様には、sudafedと同じ成分だと説明するとスムーズなことがあります。こちらにスーダフェについての記事もありますので、ぜひご覧ください。

ただし、プソイドエフェドリンは服用不可の疾患などがたくさんあり、むやみに勧めるお薬ではないため、お客様とよく相談してから決めるようにしてください。プソイドエフェドリンは「濫用の恐れのある成分」にも指定されています。より安全に使いたいという方には、フェニレフリンがおすすめです。

登録販売者試験のためのお役立ち資料集

成分一覧表、生薬一覧表、漢方一覧表など、役立つ資料を無料・有料にて提供しています。

以下の画像クリックで当サイト内のリンク先に飛びます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加