色々な痛みの表現

日本語ではひとくちに「痛み」と言いますが、英語ではいろいろな痛みの表現があります。日本語は、ヒリヒリやズキズキなど、痛みに関する擬音語の表現がたくさんあるので、以下の表現の中には、その擬音語の代わりとなる言葉もあります。

pain ペイン

急性で強い痛みに使われるイメージです。

例)I feel a sharp pain in my chest. (胸に激しい痛みを感じる。)

ache エイク

慢性的でそこまで強くない痛みに使われるイメージです。いわゆる鈍痛に当たります。しかし、headachestomacacheなど、体の一部の名称にacheがくっつく場合はこの限りではないので注意します。

例)I have an ache in my arm. (腕が痛む。)

cramp クランプ

けいれん性の痛み。足がつった時や、胃のさしこみ痛、生理痛、下痢の時の腹痛なども含まれます。

例)I got a cramp in my leg.(足がけいれんした。)

burn バーン

burnには、「燃える」「焼ける」という意味があるので、そのまま「焼けるような痛み」「ヒリヒリする痛み」です。やけどなどにも使えます。

例)I have a heartburn. (胸焼けがする。)

throb スローブ

拍動性の痛みに使います。「ずきんずきん」「どきどき」。様々な原因が考えられる頭痛の中でも、偏頭痛はこの痛みに近いです。

例)My head began to throb.(頭がずきんずきんしだした。)

sore ソア

主に炎症性の「ヒリヒリ」する痛みに使います。

例)I have a sore throat.(のどが痛い。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 

その他、hurt という言葉も頻繁に使われるので覚えておきましょう。

例)My legs hurt.(両足が痛い。)

登録販売者試験のためのお役立ち資料集

成分一覧表、生薬一覧表、漢方一覧表など、役立つ資料を無料・有料にて提供しています。

以下の画像クリックで当サイト内のリンク先に飛びます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加