Q.漢方の「体力中等度以上」と「比較的体力あり」の違いは?

登録販売者試験の第三章、漢方の設問では、どんな人に使うのか(体力のあるなし)?が問われます。そこで質問を受けるのは、「体力中等度以上」と「比較的体力あり」の違いです。

まず、体力の分け方ですが、5段階あります。1から5にかけて体力虚弱になっていきます。

  1. 体力充実
  2. 比較的体力がある
  3. 体力中等度
  4. やや虚弱
  5. 体力虚弱

体力の表現は、簡単に、

  • 体力充実:体ががっしりしている、胃腸が丈夫である
  • 体力中等度:通常の生活をするのに差し障りの無いぐらいの体力である
  • 体力虚弱:病気への抵抗力が低い、胃腸が弱い、冷えやすい

と捉えると分かりやすいかもしれません。

さて、質問の答えになりますが、体力中等度以上は、上の5段階でいくと、単純に1~3の方に使えるという見方ができます。一方で、比較的体力あり、はに該当しますね。

合わせて以下の記事もお読みください。

体力の有無についてよく聞かれる漢方はどれですか?

登録販売者試験のためのお役立ち資料集

成分一覧表、生薬一覧表、漢方一覧表など、役立つ資料を無料・有料にて提供しています。

以下の画像クリックで当サイト内のリンク先に飛びます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加