膀胱炎の薬がほしいと言われたら…

膀胱炎の対策、アドバイスとしてドラッグストアでできることをまとめます。

膀胱炎の原因

膀胱炎の多くは、細菌が尿道から入り込んで膀胱に感染することで発症します。女性の方が尿道が短いので、男性よりも感染しやすいと言われています。疲れている時など、免疫力が低下しているとかかりやすいです。熱を伴うこともあります。

また、出血量がかなり多い場合、アデノウイルスというウイルスが原因の場合があります。この場合、抗生物質が効かないので、対症療法になります。

いずれにせよ、本当に軽い膀胱炎(お客様ご自身も膀胱炎が初めてではなく、病院に行くほどではないとおっしゃっている場合)以外は、病院へ行くことをおすすめしましょう。

膀胱炎の治療法

一般的に、軽い膀胱炎の場合には、受診しても薬を使わずに自然治癒を促すことがありますが、自然治癒で回復が難しいと判断された場合は抗生物質による治療が行われます。

ご存知の通り、ドラッグストアでは抗生物質の内服薬は入手できません。しかし、お客様がどうしてもしばらくは病院に行けないという場合、悪化させないようにアドバイスをしましょう。アドバイスの内容は以下になりますので、順に書いていきます。

水を飲む

膀胱炎の原因となる菌やウイルスを排出することは、とても大事なことです。排尿時痛があるとどうしても水分を控えがちになってしまいますが、治りが遅くなってしまうので、水分をたくさんとっておしっこをどんどん出します。

膀胱炎用の市販薬

1.腎仙散(じんせんさん)

抗菌、利尿、消炎作用を持つ生薬を組み合わせたお薬です。

イメージとしては、膀胱炎に使われる色々な漢方薬成分を少しずつ配合し、更に抗菌作用・利尿作用を持つ生薬を上乗せしたようなユニークな配合となっています。

 

配合成分

生薬の作用は、膀胱炎症状に関するもののみ書きます。)

1.タクシャ 利尿作用

2.チョレイ 利尿作用、消炎作用

3.ブクリョウ 利尿作用

4.ソウジュツ 利尿作用

5.ケイヒ 発汗・解熱作用、抗菌作用

6.インチンコウ 消炎作用

7.サンシシ 消炎作用

8.シャクヤク 鎮痛作用、消炎作用

9.ジオウ 利尿作用

10.ボウイ 鎮痛作用

11.ニワトコ 利尿作用

12.キササゲ 利尿作用

13.ウワウルシ 抗菌作用

14.シャゼンシ 利尿作用

15.ボウコン 利尿作用、止血作用、消炎作用

 

簡単に解説すると

15は、五苓散(ごれいさん)という利尿作用を促す漢方と同じ生薬です。

13は、猪苓湯(ちょれいとう)という膀胱炎に使われる漢方にも含まれる生薬です。

1,3,79,14は、五淋散(ごりんさん)という膀胱炎に使われる漢方にも含まれる生薬です。

 

2.ボーコレン

ボーコレンは、五淋散(ごりんさん)という名前で薬が置いてあれば、それと同じ処方になります。五淋散は11種類の生薬から構成されていて、膀胱や尿道などの炎症をとる働きのある漢方薬です。体力中〜弱ぐらいで、冷えとむくみのある方に特にオススメです。

 

解熱鎮痛剤

膀胱の痛みや排尿時の痛みがある場合、鎮痛剤が有効です。ドラッグストアでおすすめするならば、基本的にはロキソニンが良いでしょう。

ただし鎮痛剤は、治療薬ではなく、あくまで痛みを抑えて排尿をしやすくしたりQOLを上げたりするものです。

登録販売者試験のためのお役立ち資料集

成分一覧表、生薬一覧表、漢方一覧表など、役立つ資料を無料・有料にて提供しています。

以下の画像クリックで当サイト内のリンク先に飛びます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加