2018年 登録販売者試験 総評と問題解説

手引き改訂部分まとめ資料

2018年手引き改定部分の資料はこちらをクリックしてください。

8月19日 近畿地方 

終了!

受験者全体の所感は、

・生薬漢方関連の問題が増えている(カウントしたところ、全12問でした。)

・第三章が難しかった

・内容の隅々まで出た

・手引き改定の問題が思いのほか出題された

第3章が難しかったという意見が多い中、合格点を取れている方に意見を聞いてみると、

・過去問をやっていれば8割は解けた

・見たことのある問題がほとんどだった

というご意見が多かったです。やはり、過去問のやり込みの違いによって、受験した後の印象がかなり違うようですので、引き続き、過去問をどんどん解いていきましょう。

以下、近畿地方の手引き改定部分に関する登録販売者試験問題のまとめです。

近畿地方 手引き改定部分に関する試験問題まとめ

以下、第三章で難しかったと思われる登録販売者試験問題のまとめです。

近畿地方 試験問題(難問)まとめ

8月29日 東北地方

第4章の難易度が高かったですね。

以下、東北地方の手引き改訂部分に関する登録販売者試験問題のまとめです。

東北地方 手引き改定部分に関する試験問題まとめ

以下、第4章で難しかったと思われる登録販売者試験問題のまとめです。

東北地方 試験問題(難問)まとめ

以上です。

9月5日 関東甲信越

第4章がかなり手ごわかったですね。細かい内容まで問われているので、解説も、文章で説明を読んだだけでは理解しがたいかもしれません。

また、第4章の問題文の表現はあまり美しい物とは言えなかったように思います。読点や助詞の使い方が気になる文章がありました。確かに関東甲信越も東北も第4章が難しかったのですが、東北の第4章の問題の方が良質だった印象を受けました。内容うんぬんの問題ではなく、受験生は日本語を理解するのにいつもより時間がかかったと思います。本当にお疲れ様でした。

改定問題もたくさん出ました。以下、改定問題6問と難問1問、すべて第4章の解説です。

関東甲信越地方 手引き改定部分&難問 試験問題まとめ

【2018年版 九州ブロック】リベンジする受験生へ

特に、他地域で受けて落ちてしまい、九州でリベンジ戦を申し込んだという方向けの情報になります。勉強方法や過去問の解き方について掲載しています。

【2018年版 九州ブロック】リベンジする受験生へ

登録販売者試験のためのお役立ち資料集

成分一覧表、生薬一覧表、漢方一覧表など、役立つ資料を無料・有料にて提供しています。

以下の画像クリックで当サイト内のリンク先に飛びます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加