偏頭痛だと言われたら

偏頭痛がどんな病態かについては、ここでは詳しくお話しませんので、こちらのエスエス製薬さんのサイトをご覧ください。

医療用医薬品の偏頭痛の薬

医療用医薬品にはさまざまな偏頭痛の薬があり、少しお値段が高いですが、偏頭痛に大変よく効きます。これらの薬は、偏頭痛の症状が出てから30分以内に飲むと最も効果が高いとのことです。また、偏頭痛が起こるよくあるパターンのひとつに、緊張性頭痛(肩こり性頭痛)から続けて偏頭痛が来ることがあります。緊張性頭痛は血管の収縮によって起こり、偏頭痛は血管の拡張によって起こると言われています。ですので、偏頭痛の薬を緊張性頭痛の時に飲むと逆効果になります。このように、薬を飲むタイミングが非常に重要になってきます。

もし偏頭痛に悩まれている方がいたら、OTC医薬品にはダイレクトに「偏頭痛」に効果のある薬はありませんので、ドラッグストアに関する情報を書いておきながら元も子もないですが、お医者さんに行くのが一番の解決策です。

緊張性頭痛と偏頭痛の簡単な見分け方

前の章で、緊張性頭痛は血管の収縮によって起こり、偏頭痛は血管の拡張によって起こると書きました。血管は、冷やすと収縮し温めると拡張しますので、偏頭痛かなと思ったときに、患部を冷やしてみて、症状が緩和される場合には、偏頭痛の可能性が高いです。

逆に、緊張性頭痛は、肩こりなど筋肉の緊張から来ていることが多いので、体の重い部分を温めると頭痛も良くなることがあります。

ドラッグストアでできること

ドラッグストアには、トリプタン系のお薬のような偏頭痛の発作時に使えるお薬はありません。しかし、どうしても何か薬がほしいとお客様に言われたらどうしたら良いでしょうか。

ロキソニンなどの市販の鎮痛剤は、偏頭痛の発作が起きてからでは効きにくいと言われています。 ただ、上に書いた、肩こり性の頭痛(緊張性の頭痛)から偏頭痛になる傾向のある方は、これらの鎮痛剤が有効な場合があります。 肩が重くて頭痛が来そうな時に鎮痛剤を服用しておくと、その後の偏頭痛の症状が軽減されます。 この場合には炎症を抑える作用のあるロキソニンかイブプロフェンがオススメです。

カフェインの摂取について

カフェインは、末梢血管を拡張し、脳の血管は収縮させるという独特な作用があります。

実際、偏頭痛の時にカフェインを摂ると症状が改善することが知られており、偏頭痛の治療薬として、エルゴタミンという成分と合わせたカフェルゴットというお薬がありました。(現在はもっと効きの良いトリプタン系の薬があるため、販売中止になりました。)

では、偏頭痛にカフェインを勧めても良いのでしょうか?

結論としては、自己判断でカフェインを摂取する時には注意が必要です。 先にも書いたように、緊張性頭痛(肩こり性頭痛)は血管収縮、偏頭痛の血管拡張というふうに、この2つの頭痛は相反する原因で起こりますので、カフェインを飲むタイミングを誤ると症状が悪化することもあります。つまり、緊張性頭痛の時に、血管を収縮するカフェインを摂取してしまうと、血管が更に収縮してしまうということです。

このように、緊張性頭痛をお持ちの方は特に、カフェインを摂取するタイミングが難しいです。 更に、カフェインを常用したり、偏頭痛時に過剰に飲んだりすると、かえって反動で頭痛が起こりやすくなることもあります。

カフェインをむやみに勧められない理由がここにありますが、手元にお薬が何も無い・または病院にも行けないというふうに本当に困った時は、コップ一杯のコーヒーを飲んで様子を見ることはひとつの選択肢となり得ますので、お客様にはこれらの情報をお伝えするのが良いかと思います。ただし、もし実際に行うとしたら、それはお客様の自己責任になりますので、しつこいですが、それだけはお伝えしてください。

コーヒー嫌いな方は、紅茶やココアでもOKです。 接客業などで飲み物が飲めない方は、要領良く服用できるカフェイン製剤もあります。 ドラッグストアではエスタロンモカなどのカフェイン製剤や、あめタイプのカフェロップもあります。

参考までにカフェイン量です。

・エスタロンモカ12 1錠あたり100mg、1回2錠

【第3類医薬品】エスタロンモカ12 20錠[エスタロンモカ 眠気ざまし/錠剤]【あす楽対応】

価格:318円
(2017/5/9 21:49時点)
感想(0件)

・カフェロップ 1粒あたり約42mg、1回4粒

【第3類医薬品】カフェロップ(12粒)

価格:199円
(2017/5/9 21:48時点)
感想(0件)


・インスタントコーヒー 150mLあたり65mg

・ドリップコーヒー 150mLあたり100mg

・缶のブラックコーヒー 1本分185mLあたり大体100mg前後

登録販売者試験のためのお役立ち資料集

成分一覧表、生薬一覧表、漢方一覧表など、役立つ資料を無料・有料にて提供しています。

以下の画像クリックで当サイト内のリンク先に飛びます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加