外国人によく聞かれる鎮痛剤ランキング

ランキング

※個人の経験で選びました。

1位 ibuprofen
イブプロフェン
2位 paracetamol
パラセタモール

3位 aspirin
アスピリン

 以下は日本では市販されていないですが、よく聞かれるものです。

4位 naproxen

ナプロキセン

5位 codeine

コデイン

6位 diclofenac sodium

ジクロフェナクナトリウム

各解説

1.ibuprofen 

イブプロフェン

発音は、アイブプロフェンもしくは、イブプロフェンです。日本の市販薬で有名なお薬はイブA錠やリングルIBなどたくさんありますので、すぐにご案内できますね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

余談ですが、ドイツに行ったときに治療中の歯が痛んだので、薬局で「一番強い薬ください。」と言ったらイブプロフェンが出てきました。1回200㎎を飲むようにと言われましたが、あとから説明書を読むと、症状が良くならない場合は1回400㎎服用してもOKと書いてありました。日本の市販薬のイブプロフェンは、1回200mgが最高用量です。

2.paracetamol, acetaminophen 

アセトアミノフェン

日本ではアセトアミノフェンという成分名の表示が一般的ですが、欧米ではパラセタモールという名前の方が主流です。パラセタモールはアセトアミノフェンの別名です。代表的なブランドは、欧米でも日本でもTylenolタイレノールです。

また、オーストラリア人には、Panadol パナドール という販売名で聞かれることが多いです。

3.aspirin 

アスピリン

昔からある鎮痛剤の定番です。市販のバイエルアスピリンのパッケージには、大きくASPIRINと英語表記があるので、案内する側としては大変助かります。もちろんバファリンAでもOKです。

4.naproxen

ナプロキセン

ナプロキセン(商品名:ナイキサン)は、割と効き目の良いとされているNSAIDs(解熱鎮痛消炎剤)ですが、日本では処方医薬品なので、ドラッグストアでは手に入りません。欧米では Aleveアリーヴ というブランドが有名です。

5.codeine

コデイン

少し強めの鎮痛剤としてよく聞かれるのですが、痛み止めとしてのコデインは日本では市販されていません。コデインは単独では鎮痛作用があまりないということで、ヨーロッパなど一部の国では、低濃度のコデイン+パラセタモールとの組み合わせで、co-codamol コーコダモール として市販薬として売られています。

6.diclofenac sodium

ジクロフェナクナトリウム

ディークロフェナク ソディアム または、ダイクロフェナク ソディアム と発音します。Voltaren ヴォルタレンというブランド名で聞かれることもあります。日本の市販薬では、付剤のボルタレンはありますが、飲み薬のボルタレンは処方医薬品です

登録販売者試験のためのお役立ち資料集

成分一覧表、生薬一覧表、漢方一覧表など、役立つ資料を無料・有料にて提供しています。

以下の画像クリックで当サイト内のリンク先に飛びます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加